oyasumi

誰も知らないところ。

なんとなく掴んできたかもしれない

今週終わりました。

もう、疲労疲労疲労

 

でもなんか、一枚壁を抜けた感。

完璧じゃないけど手応えがある。自分の手の中に収まってないフワフワ感が薄れて、どういう形になっているかちゃんと把握できています。

 

*外に出て行くデザインならゴールを決めて作業時間を減らす。(話し合いの場を多く設ける)

*外に出ないデザインならば素材に頼った方がいい。ベクターデータを分解するとかなり勉強になるし、身についてない技術を調べるきっかけにもなります。

とりあえず要素だけコピペしてストックしておく手もいいなーと思った。

 

最初はマネして作るところから始めていいんです!という現役デザイナーのありがたーい記事をいくつか読んだので私もそれでよしとすることにしました。

 

こうしてどうにかこうにかする手段を覚え始めたところで、大変だけど楽しいかもって思えるようになったし、結果オーライです。

 

バレンタインも作りました!

偉い、偉すぎる。

でも振り絞って出したほんの少しの優しさでも、それがプラスのきっかけになるんだなって。

イライラの理由を考える

2週間ほど前、上司からこだわりすぎなんじゃない?(だから仕事が遅い)と言われて、それまでの運の悪さと手に負えない仕事のイライラが大爆発。

いつもならあまりしない反抗と暴言のオンパレードに上司も手に負えないといった風で10分会話したらケンカ…ということをずっと繰り返しておりました。

 

そして今日、追い込みの末にひらめいてどうにか途中経過として提出できそうなところまでいき、ここでようやく、キャパオーバーだったとは言え何故あんなにブチ切れてたのか、冷静に考えて答えがわかったのです。

それは、上司の言ってたこだわりはこだわりじゃないってこと。

こだわりって言うのは、他人から見て完成じゃないの?というものをまだあーでもないこーでもないって触り続けることと、技術がないのに見合ってないデザインを参考にして作業が進まないことだと思っています。

じゃあ私がこだわっていると指摘されたのはなんなのかと言いますと、単純に業務時間内から構想を練り始めて迷子になってたこと。

要はこだわりのさらに前の段階でつまずいてたんですね。

 

余裕がある時はいつも通勤と休日の間に情報収集しておくのですが、それを業務時間内にやってたら、人から見たらまだやってんの?まだ考えてんの?なに迷ってんの?ってなるだろうなと。

 

今回苦戦するだろうと思っていた仕事は、他社カタログということもあってしっかり打ち合わせしてきたので何をゴールにするかが割と明確に頭にありました。

クオリティってとこでは微妙だけどひとまず打ち出したいことは表現できたからオーケーにして残業終了。(この軸すらブレていると、ここはこうしてという訂正依頼に一生付き合っていく沼にハマる。)

 

仕事に対する謙虚さが欠けたから上司の一言にいちいちイラついてるんだ、嫌な部下になったもんだと自分ではそう解釈してる部分もあったけど、今やってる仕事に指摘が入っても嫌な気分はしなかったし素直に訂正していたので、余計自分のことがわからなくてモヤモヤしました。

やってしまった、けど

はじめて仕事でお金の絡むミスをした。

最悪〜。

もう入稿データのキャンセルできませんって二重発注してしまった…。こんなバカな話あるか!と思いながら自分の迂闊さも許せず。

 

入社してからずっとフォロー受けて仕事してきたけど徐々に巣立ちの準備をしていまして、3月あたりまで結構大切な時期かもしれません。1年の集大成というか。

来期に向けて全社員の前でプレゼンしたり…。

 

やりたくないけど、やってみようねー。

 

秘書だったらいいんだけど、秘書じゃないからこういうところでビシッと決めないといけないのがちとツラい。あの子だけ特別?と思われたらやっていけないので。

女性社員の中でもだいぶ自由にやらせてもらっていますが、そこを活かすも殺すも自分でよく考えて行動しなさいと上司から言われます。

全てはイメージ戦略のためです。

やりたくないことをやらないのなら、この自由は返却しないといけないということ。

 

ただ、こんな経験が積み重なって、身体ひとつあればどこでも仕事できますっていうレベルになれたらいいなという下心もあります。

そしたら住む場所も働くところにも何にも囚われないストレスフリーな生活ができるんじゃないかなーと。

ちょっとした弊害でユーモアを忘れてはいけない。自分も周りも穏やかに楽しくありたいですね。

いくつになっても冬が来るときは、楽しいイメージより春に芽を出すための試練のような感覚で、凍えないようにするので精一杯。

 

最近上司はこちらの仕事にノータッチ。分かんなくてもなんでもとにかくやってみるしかありません。

 

入稿を急かされ、入稿したらしたで即修正の電話かかってきて。笑

結局悩んで、修正をやめて入稿先の業者を変える。そしたらなんと13000円くらい安くなって、仕上がりの精度も高く、入稿データの修正の必要もなくなった。

 

その勢いで今度は他社との打ち合わせ。

まだ自分のデザイン業務もままならないのに、取引先から仕事を頼まれた。

上司が、「対応します、彼女が」とこちらに投げてきたので自分でお茶出して打ち合わせして…。

 

去年から頼まれていたチラシもやっと完成しそう。

最後まで依頼主のゴールは見えなかったけど、強行しろと直属の上司に指示されありとあらゆるパターンを持って説明しに行った。

今回気付いたのは、なんとなくこっちの好みでレイアウトしてるんだろう、と思われていると指摘が多く入ることで、納得させることも結構大事じゃないかと。

ということで見せたくない途中経過も全て印刷して、こっちよりこっちのがいいですよね?と印象の差や制作過程を説明すると、今まで写真がどうだ文字の大きさがどうだと言ってきた依頼主が突然、あーそうか!じゃあ当然こっちだよね!とこちらの誘導する方についてきてくれた。もちろん私が解釈の仕方を間違えてる時もあるけれど。

社内デザイナーなんだからこそすぐ連絡がとれて一緒に作れる強みがあるんじゃないか!っていう発見ができてよかった。

 

あとは直属の上司の仕事を少しずつ共有するようなこともしている。

幸い今までの経験でモノが作られる過程はなんとなく把握してるので簡単な仕事の情報は共有して上司がいなくても私が対応できるようになっている。

だから上司の不在時に外線がかかってきても折り返す必要なく私から上司に伝達ができるし、また上司から伝えたいことがあるときは代理で私が外線できるというわけ。

 

日々勉強。

身体も時間も足りない。

地上で堪能

f:id:shulo161:20190113011222j:image

f:id:shulo161:20190113011225j:image

 

またまた空港に遊びにきた!

今回は国際線。国際線の方がなんだか静かです。

飛行機好きだけど乗るのはとても苦手なので地上から見学します。

 

空港内に売られていたくまのマレーちゃんという人形がとても可愛かったのですが買い物予定がまだあるので諦め…。悲しい。眠そうなマレーちゃん…。

 

 

帰りはバスで東京まで、それからさらに帰宅途中の駅で寄り道してお買い物。

スキンケア商品を買い、おつかい頼まれて食品売場も。

頼まれてない白子を買いました。居酒屋の白子ってちょっとしか入ってないのにすごく高くて、でもスーパーなら300円でかなりの量食べられるんだよナー。

2019

明けましておめでとうございます。

 

長い連休だったはずなのに外出続きで家でゴロゴロできるのが2日間しかなく、めちゃくちゃ疲れました。

自分の年賀状も何もできませんでした!

 

 

1年のことをどうまとめて書こうか、6回くらい記事を書き直したのだけれど、やっぱり心にしまっておきます。

 

私が、今日は晴れだと思えば晴れになるし、雨だと思えば雨になる!ということを学んだ1年だったかな。

 

 

連休明けの朝はまだまだみんなパッとしない顔つきで、空気がまどろんでいます。

出社前日に「遅刻するなよ!15分前には着席!」とご丁寧に連絡をくれた上司にビビって、初日はいつもの40分前に電車に乗ったらかなーり静かで、ゆとりのある出勤という新しい発見ができたのでこれからはなるべく早くいこうと思いました。

 

f:id:shulo161:20190108223621j:image

最近ハマってるチルホップ、朝の地下鉄と家での作業にぴったりです。