oyasumi

誰も知らないところ。

おじさんとわかもの

会社のスポーツ交流会みたいなものに行ってきました。

オフの日、外、みんな誰だよ、ともうなんでもよくなってきて好き勝手やってたら色んな方とお話できて意外と楽しかったです。

 

おじさん=キモい、ウザい、めんどくさいという感想しか持ってなかったのに、ここに来て180度見方が変わったのはやっぱり職場環境なのでしょうか。適切な距離を置いてくれるって嬉しい。

 

女性陣が寒い〜と言うと、ささっとこれ着なよと上着を貸してくれるおじさんと、なおかつそれを嫌がらない女性陣。不思議とどちらにもいやらしさがないんですよね。それだけ良好な関係が築けてるってことかな。

私は過去、上着を借りたら(それだけかわからないけど)夜誘われてその後仕事に支障をきたすという経験があり、警戒して結構ですと言ってしまったのですが、その警戒すら察してくれて、自分の着てるブルゾンの上からでいいじゃんという一言のおかげで安心してお借りすることができました。(中に着込むのがすごく嫌だった)

こういう気遣いに乗るか乗らないかで周囲の女性からの目線も変わってしまうし、それで女関係が乱れるのも嫌なので、基本的に男性の助けはいらないと強がってしまうのに、角の立たないタイミングで気遣いができるのがおじさんすごい。スマートすぎる。

 

先日常務に、誘われること(食事とか)に抵抗持つな、エロいおっさんなら断れ、とアドバイス頂きました。

まったくその通りで、もう危険かどうか察しがつくので、その気持ちに従ってやっていけばいいって、こんなに簡単なことをどうして1年前の私は気付かなかったのだろう。

 

この安心感のおかげで普段通りでいられるし、そんな自分を見ておじさんも警戒なく声かけてくれるような気がします。

 

女性陣も、お幾つか存じませんが、いい人です。

実は私は、仕事の一環で参加していて写真撮影係だったのです。でも新人だからズカズカ入って写真撮影…というのはハードルが高く、どうしようかなと思ったら手伝ってくれました。

「あんまりいい写真撮れなかったかもしれないけどごめんねー」って、なんていい人なんだろうか。

寡黙な上司すら写真撮影手伝ってくれて。みんなありがとうございます。

 

肝心のスポーツはカメラに集中し過ぎてよくわかんなかったけど、ま、いいか。

数奇な運命

私の直属の上司、常務だったらしい。

今週はデスクワークばかりじゃ疲れるだろうと、息抜きと勉強を兼ねて展示会へ連れて行ってもらいました。

直帰だったので飲みに行きまして。

 

常務は饒舌で、いい意味で巻き込み型タイプの人。それを嫌と思う人と、惹きつけられてついて行く人、はっきり分かれているそうですが。

飄々としていながらかなり空気の読める人。

偉いからといってピリッとした空気にすることもなく、女性から邪険に扱われるように進んでいくところとかすごい。

だけどキモいおっさんと思われるのは嫌らしく、セクハラや距離感に非常に敏感。

 

男性陣はそのカリスマ性から頭が上がらないといった風に接していますが、私は直属の部下としてふつうに素で接しています。

常務の発言に突っ込み入れたり、常務の提案とは別に自分の考え方を話してみたり、それはなぜですか?と質問してみたり、そういうのが周りから見ると、ヒヤヒヤするらしく、逆に常務はそれを面白いと思っているようです。

 

やっと、やっと尊敬する上司に出会えました。

冷め切った心に火が灯りました。

ランプ作り

トルコランプの手作り体験に参加。

楽しいけど疲れました。

幾何学模様が並ぶだけだけど、あれ、結構難しくない??と私は事前にイメージ固めしたのですが、行き当たりばったりが手作りの醍醐味と語る友達は自由な発想でコロコロテーマが変わっておりました。

出来上がりはまだまだ先。郵送を待ちます。

それからちょっと怪しげなラーメン屋さんに入って、谷中銀座ぶらり。

 

 

私も友達も、大きな負の渦からようやく抜けました。その後日談としてもっぱら話に挙がるキーワードは、「追い詰めない」「楽にする」「頑張らない」です。

頑張らないというのはちょっと誤解を招きそうな表現ですが、、頑張りどころを間違えて力を出し過ぎない、というところです。

 

もう今年も半年かあ〜、残りの半年、何が起きるかな。

お勉強録

f:id:shulo161:20180603032819j:image

 

Illustratorの練習メモとか、作ったものとかのブログです。 - 鈴木メモ

こちらを参考に練習してみました。

 

一番上のフォントって最近流行ってませんか?私自身も好きなフォント。

広告の仕事が来たら絶対使いたい。

 

大好きなガッチャマンクラウズロゴをCだけ真似っこして作ってみました。

オフセットで一発でうまくいかなったので、うまくいった部分のパーツだけ残して後から「C」と合体させています。

もしかしてロゴってこうやって作られてる…?

 

f:id:shulo161:20180604180739j:image

デザイナー初心者はこれ読んどけ!って本で一番多く挙がっていたので購入。 

 

 

打ち合わせに出ると、うちのデザイナーですと紹介されることに非常に抵抗があります。早くちゃんと仕事したい。

古風過ぎて伝わらない

アルバイト、さっそく緊急要請がかかって、辞めてからわずか1週間で復帰しました。

 

この1週間は、若干そわそわしていました。

それは、イケメンさんの靴に連絡先を書いた手紙を忍ばせておいたのに連絡が来なかったからです。。

はっきりしている人なんだなあと、なんだか急にバカバカしく、恥ずかしく思うのと同時に、じゃあなんでご飯誘おうとしてきたの!詐欺なの!と、すごーく引っかかりまして。

バイトついでに靴を確認。

すると、つま先にボロボロの紙があるではないですか。

おい、さすがだな。笑

 

たしかに彼は完璧主義の線が緩むと急にのんびりさんになってしまって天然?という行動が多々見られます。

だから気付かないかもとは思っていたけどまさか本当に気付かないとは。手口があまりにも古臭かったでしょうか。

 

肝心のバイトは、ほぼ誰も復帰予告されていなかったそうで、まるでお化けがそこに立っているかのような驚かれ方をされました。

あと調理場のえらいひとがトロのお寿司くれました。食べもの面に関しては最高だな、ここのバイトは。

新しい仕事

就業規則など資料をドサっともらった

・名刺をもらった

・こんな時代なので基本残業しないでとのこと。残業する方がめんどくさい(事前申請など)という体制

 

仕事は、イラレ、フォトショに限らず、ウェブや、写真撮影、動画、入稿、展示、多くの知識をつける必要があります。が、これがすごく面白い。

データとにらめっこする日もあれば、カタログを読み込む日もあります。

やっぱりこれってインハウスデザイナーっていう括りでいいんだよね??と思いながらも自分が何職なのかわからない日があったりします。

 

先輩が退職されて、部署には私ひとりになりました。

怒涛の引継ぎと詰め込み期間でした。

あとは自分で開拓していくだけ。

最後のニート

先輩と古着屋巡り。

 

いい日だったなあ。

 

先輩は積極的に人と関わるタイプのお人ではないので、そういうラインはむやみに踏み越えないよう、距離感に気を遣っています。

だから会社辞めても付き合いがあるのは意外でしたし、まさか2人で買い物なんて…!

何話そうか、どう過ごそうか、あれこれ考えましたがそんな心配は無用で、素直に楽しかったです。

 

先輩に限らずなのですが、自分の哲学をしっかり持って生活している人の安心感たるや。

こういう自由の在り方っていいな。

組織から外れるとか、人と違うことをするとかじゃなくて、おさまるべきところでおさまって、でも心の中には自分の宇宙をちゃんと持って、精神的にいつも解放されている。

 

 

古着の店員さん、私が生で見てきた女性の中でダントツ美人でした。モデルやってそう。