oyasumi

誰も知らないところ。

牡蠣に始まり牡蠣に終わる

無事お誕生日会終了。

勉強とプレゼントを兼ねて印刷会社に名刺サイズの感謝状をデザインして注文しました。小さいので絵柄が潰れないか心配だったけどちゃんと出来上がっていて安心。

 

指定日に届かず冷静にブチ切れて東京に持って来させるという鬼クレームを入れ、どうにか渡すことができました。

朝からずっと配送業者とやり取りして疲れたけど、すごく喜んでもらえました。

 

居酒屋選びもドンピシャ。

牡蠣ざんまい〜。

f:id:shulo161:20190522114903j:image

うまいうまいうまいうますぎる。

そしてこの量。

自分のお金だから頼みまくる。しかも、半額です!

 

それから奇跡的にモウカの星に出会いました。

サメの心臓。レバ刺しみたいなやつ。

コムアイちゃんがアメ横で食していたのを見て、ずっと食べたかったのですがまさかここで出会えるとは。

 

あーもう最高すぎるぅ〜。

ここなら1人で行けると思います。好きなものしかないもの。

このあたりでもう今日がなんの会なのか頭からすっ飛んでました!

が!

上司にはおじパワーを出してこれからも頑張って欲しいです!

反動で始まる行動

f:id:shulo161:20190518213710j:image

 

美容院の帰り。

 

店内での注意事項が結構多いという事前情報を入手したので一人で行きました。

 

その前に寄った古着屋の店員さんが店の場所を教えてくれたので迷わずに済みましたが、建物の隙間の奥まった場所が入口です。

 

私やっぱり香辛料が好きなんだなということを自覚した日。

日替わりの本日のおやつは最後のひとつ!私を待っていてくれてありがとう、ケーキちゃん。

 

とてもくつろげました。

注意事項はラミネートされたものの他、クラフト紙に印刷されたより詳細なものがありましたが、ここまで空間を大切にするというコンセプトがしっかりしてると店主に守られてる感じさえしてとても居心地がよかった。

スタバもレストランもうるさいじゃないですか。マナーがなってないっていうか、うるさい人が一番その空気を占領してる感じが私は好きじゃないし、一人で安心できるのは自宅かベローチェしかないので…笑

 

なんやかんや22時近くまでいました。

茶葉の入れ替わりの時期を教えてくださったのでまた行こうと思います。

 

f:id:shulo161:20190519100551j:image

こちらは仕事終わりのアフターファイブを一人でぶらぶらした時の写真です。

職場から徒歩10分くらい。

写真左の高架下にはずらりとお店が並んでいます。

 

 

息苦しくなったらおいで、みたいな、今年はそういう自分的穴場スポットを開拓しようと企んでいます。

熱を持て

サボっている営業を発見。

コーラを買ってもらって仲良く共犯者。

初めてちゃんと喋って、ただの小娘と思っていたけど意外と大人だねと褒められるのでした。

 

夜はオジ飲みに誘われる。

 

失礼だけど、今の上層部とその下世代には圧倒的な意識の差があるので、なんでこんな会社で働き続けるんだろう?とずっと不思議に思っていたのだけど、上層部は皆先代の意思を継いでいるのだということがわかりました。

 

今や働く理由なんぞ人それぞれ、明確な目的などなくても不思議じゃないこの時代に、二十年、三十年も故人の遺したものを守ってる人がいるとは。

大人の厳しさにもおじさん社員たちのような強い気持ちがあるのだとするなら、そういうのを知らないままなのは、ちょっと寂しいなあと思いました。

 

先代のことは会社の歴史みたいな冊子でしか見たことないので私にとっては歴史の人物でしかないけど、おじさん世代は生きているうちに関わってきた大切な人なんですよね。

俺らは昔を知ってるから自分の会社を良い会社だと思ってるよっていう一言がポロっと出た本心みたいでよかった。

 

熱いオジ飲み、ご馳走さまでした。

いったん休憩

人との交流が多くて目まぐるしい…。

人と会うのは喜びでもあるけど元々アクティブな方じゃないし、会話も得意じゃないので消耗が激しいのです。

楽しさが過ぎ去るとドッと疲労が押し寄せます。

イカにキーケースをタッチしたり、どうもシャキッとしません。

 

テレビもうるさくて2週間くらいつけておらず、好きな音楽を夜な夜な流したり探したりする日々。

音楽って奥が深くてあんまりよくわかんない、最近気になるのはチルホップ、オルタナティブ、アシッドジャズ、フューチャーバス、など。

 

 

ノロノロ起きてiHerbでゲットした大容量アロマオイルで遊びました。

スパイクラベンダーのアロマオイルでオイルスプレー自作。

混ぜるだけで簡単に作れてオススメ。

 

メイクと服は少し頭使うけど香りって手取り早く自分や空間を演出できるから好きですね。

 

 

そして昨日買った、無印のイカスミソース。

f:id:shulo161:20190512194531j:image

生で見るとビジュアルのインパクト強め。

丸山礼ちゃんとあさぎーにょちゃんの動画見て気になってました。

フライパンにパスタ、キノコとシーフードミックスもぶちこみまして、茹でるだけ。ちょっと味付けが薄かったのでニンニクとピンクソルト加えたら美味しかったです。

f:id:shulo161:20190511213312j:image

 

転職して新しい会社に関わると同時に、その土地にも深く関わるようになりました。

今日はお祭に会社行事として参加。

神様を神輿に移して法被姿の男女が街を練り歩きます。こんなちゃんとした祭はじめて見ました。

 

仲良しの歳下女の子と怪奇な行動を取っていたところ、「2人とも酔ってる?」と他の女性社員にたずねられ、「テンション上げないとやってられないすわ」と答えると、それを聞いていた他部署上司が「そりゃそうだよね…」と。

 

女性はみんな嫌々参加してるので早々に帰ってしまい、3人だけが残りました。

是非女性に振舞いをしてもらいたいと思っている上司を置き去りに出来ず、私も残ります。

 

仕事上カメラ係なので、神輿を追いかけて写真を撮っていたら途中の休憩所で私に気付いた上司、俺かっこいいー?を連発。神輿が撮りたいのに異常にフレームインしてくる。

邪魔だよ!!と怒鳴る。

 

その後電車に乗って私用を済ませ、また祭に戻りました。

晴れの日に祭が開催できること自体珍しいそうで、次に開催される2年後まで会社にいるかもわからないし、せっかくなので。

 

この夜のタイミングが一番盛り上がると聞いていましたが、その通りで、涼しい街と一変、神社に入ると熱気と人ですごいことに。

運良く自分たちの町会の神輿にも間に合い、通行止めのポールを乗り越えて追いかけると、汗だくの社員たちを発見。

担ぎたがり屋の心理を不思議に思っていた私ですが、もう応援せずにはいられなくて、スポーツ観戦みたいな、誰だか知らないけどみんな同じものを共有してる熱気がすごかったです。

 

みんなお疲れ様でした。

 

 

振舞いとかやだなーと思っていたけど結果的に残る方を選んで良かったと思います。古くさいとかじゃなくて、もてなしの心ですね。

祭りがなくなったら寂しいし、メインの神輿担ぎはほぼ男性で成り立っているわけだし、と考えると自分の役割は食べ物はお酒を振舞うことかなと思います。

女、男ってそういう時代じゃなくなってるから、シビアな問題ですけど。

でも自分らしくない自分を演じていく楽しさってあると思います。

休み明けの憂鬱

GWいかがでしたか。

私はそれなりに遊び尽くしてしまってまたもや疲労…笑

でも、「これからは人生遊び尽くす!」という宣言通り誘われることが多くなって、なんでも言ってみるものですね。

 

f:id:shulo161:20190509074920j:image

平成最後のランチ。

平成とか令和とか興味ないでしょ、と読まれていた…。

 

f:id:shulo161:20190509075112j:image

潮干狩り

 

f:id:shulo161:20190509075135j:image

トーフビーツみたいなお兄さんからものすごく丁寧に勧めていただいたイヤリング。

 

f:id:shulo161:20190509075235j:image

ポッピングピンク小学校3年生ver.な姉へのお手紙

 

f:id:shulo161:20190509075419j:image

温泉とホテル。

スーパー接待タイムでまじつまらんの巻。

 

 

f:id:shulo161:20190509075900j:image

休み明け早々会社の先輩とごはんを食べに行きました。

会社好きな私も、さすがに、10日も休んで仕事やだなあと思ったりしたけれど、談笑しているうち、なんだかんだ出社すると会社楽しいなって思うよね〜という話になり、いい会社だなと思いました。

鎌倉旅

f:id:shulo161:20190422190033j:image

f:id:shulo161:20190422190044j:image

 

鎌倉プチ旅行。

 

困難を極める現地集合。

目的地から遠ざかる逆走。

タコせんべいを探す旅。

お土産忘れ隠ぺいの為の東京下車。

 

鎌倉って海、山、神社、寺と揃ってて最高ですね。

春の山はずっと行きたかったので行けて良かったです。

 

まさかこの年齢で新しく仲良くなった人と遠出するとは思っていなかったけれど。

何があるかわかりませんな。

 

江ノ島は日が暮れてから向かったので今度は明るいうちに散策したい。