oyasumi

誰も知らないところ。

自然な流れに乗ること

異動じゃないけど、フロアお引越しが決定。上司のサポートとしてデスクを並べます。(上司はひとつの部屋にポツリ、ひとりでいる)

 

今のフロアが静か過ぎるのと、直属の上司とフロアが違うストレスが大きかったので、引っ越したい!とはずっと言ってきたけど、1年で成果残して来年には、という個人的な予定があったので急でした。いつ引っ越すのか聞いたら今月中だそうです。

 

上司、これで少しは楽になるんだろうか。

サポート内容は上司不在時の電話対応や、会議の資料作り等。表向きの仕事はそれで、もうひとつの狙いは役員と社員を繋ぐパイプの役割だそうで。

今までなかったことなので女性からは結構攻撃受けちゃうかもしれないし、それはほんとに申し訳ないと思ってるけど負けないで欲しいと居酒屋で長々応援された今日。

 

社員からは、どうせお前らできてんだろ!って、言われるんだろうなー。笑

まあ言いたい人には言わせておけばいいですよね。別に媚び売って着いたポジションじゃないし自分の信念に従ってやってけばいいや。

浴衣の女は二割り増し

風鈴祭り行ってきました。

浴衣買ってしまったので着るしかない!と意気込んで2時間もかけて川越へ。

多くの人は現地で浴衣レンタルするらしく、道中浴衣民とは1人も遭遇せず、とても浮きました。

 

f:id:shulo161:20180913074134j:image

風鈴よりも木の香りに癒される…

 

到着して早々一眼レフおじさんから写真撮っていいですかと頼まれる。

夜にも同様の事が。

友人は軽く盗撮されてました。最初から撮りたいって言えばいいのに…。

 

帰りは友人と路線が違うので駅ですぐにバイバイしましたが、道歩いてたらちっちゃい女の子に、浴衣かわいいですね!と追いかけらる。

 

f:id:shulo161:20180910184855j:image

左が私で右が友人。

後日談と余談

展示会後、痺れた脚を引きずりながらお買い物しに行って、ケータイをしっかり紛失。

夢の国近くだからまあ大丈夫だろうと思ってそのまま2時間くらい買い物続行しまして、帰り際に駅に行ったら届いてました。さすがニッポン。さすがネズミーリゾート。しかも窓口に並ぶ列の、目の前に並んでいる人がちょうど届け出ていた瞬間に居合わせる奇跡。

前職の名残でケータイに免許証も入れてるので二重紛失扱いになって駅員さんは呆れてたけど、皆んな優しいからやっぱり大丈夫でした。そう、大体のことは大丈夫なんす。

 

古着に合いそうな靴買ったら個性的なブランドですごく良かった!

皮の濃淡がカッコいいビンデージ風のエナメルパンプスです。

f:id:shulo161:20180909222747j:image

初展示会

丸一日そこにいろなんて何をするの!?って感じでしたけど、結構勉強になりました。

 

社風なのかわかりませんが今の職場って割と自由。何しても干渉されないっていうか。

私がぼっち部署だからってのもありますが、女性はガツガツ働くものじゃないっていう、良くも悪くも古風なイメージが根強いので、こうじゃなきゃダメだ!と口うるさく言う人もいない。

 

そんな感じで、自社ブースにいればおじさんたちが製品知識を詰め込んでくれるし、上司がいれば取引先へ挨拶、暇になれば他社ブースへの放浪。

と、そこそこ好き勝手過ごしたので精神疲労こそなかったものの、ヒールで一日中歩き回ったのはほんとにしんどかった。もう痺れ通り越して鳥肌が止まらないんですがこれは一体どういう現象でしょう。

相変わらず戦っている

今週を振り返る。

 

・バイトの飲み会。の前に歳下さんとちょっとお出かけ。カフェで喋って、「本当に社会人になんですか?」と聞かれたので、幼い?と聞くと、そうじゃないけどなんか変…とのこと。変ってなんや。

 

・接待飲み。ビルの上の階で、突然の激しい雷雨がよーく見えて怖かった。接待どころではなくなり、耳を塞いで固まる。

皆さんうちの会社よりもエネルギッシュでその勢いがちょっと怖く、人見知り発動させていたけど、お酒がはいってからはすぐ打ち解ける。

電話対応のヘタクソさも許してもらえました(?)

 

・歳上組のランチに誘われる。私の直属の上司、陰口叩かれている。みんなそんなに嫌なのかな?

結婚の予定はないのでしばらく会社のお世話になりますと言うと、もう1人に「そんなに仕事好き?」とちょっとキツく言われてビビってしまい、縮こまる。

 

・夜、上司から電話がかかってくる。昼間も仕事の確認の電話があって、終わらないかもしれないと報告したのだけど、夜はヘコんでないかの確認の電話。過保護なのか、下心なのか。

 

・早朝出勤したらヒラメキ抜群。うちの会社は朝残業が認められているのがいい。早起きは苦手だけど早朝は好き。

 

・おじいちゃん社員に、仕事に慣れないとこぼしたら飴くれた。頑張って、だそうです。やさしさですな。

 

・パートのおばさんとランチ。奢ってもらう。あなたが来て空気も変わったし、色んな人がデスクに来ると言われ、照れ臭い。

社内のコミュニケーションの無さに悩まれていて仕事しづらそう。

 

・なんであんたらがつまづかないように小さい石ころ拾う仕事しなきゃなんねーんだ!と仕事にキレっぱなしで友達とランチ行ったら、「男の人ってほんと管理能力ないよ…直接言わないけど。新しいことに夢中で前の日のことなんか忘れてるよ」とアドバイスされ落ち着きを取り戻す。

 

・疲労で前日食べた晩ごはんを忘れ、何を食べればいいのかわからなくなる。もずく酢ともずくのおすましを混同し、味のないもずくを食べながら、もずくの酸っぱい味ってなんなん?これ味ないじゃん。と、とうとう自分の思考の意味もわからなくなる。

 

・買った時計止まってるんだけど!というのも勘違いで、秒針がないだけでふつうに動いてるし。

 

・制服のスカートのチャックを閉め忘れて業務に当たったり。

 

頭おかしかったな、今週。

タイトルは、転職先はいかがでしょうと連絡をくれた友達に現状報告したら言われた言葉です。母親にも同じようなこと言われるのですが、客観的にそう見えるのでしょうか。

社会人として最悪

資料待ち、資料待ち、ばかりで仕事進まず、朝からぶち切れモード。

上に相談すると催促しろと指示され、催促すれば、「忘れてた」。責任者は、「足りてないのなんだっけ?」

それを聞いたぶち切れの直属の上司、世話係上司を呼び出し注意するけど、終始無言で話にならない。

 

と思えばフロアに戻るなり、「これ午前中に仕上げて」。

はい????

 

後になって直属の上司が資料を探してくれたのですが、資料待ち以前にそもそも過去に会社で作った資料があったというオチ。なんで誰も教えてくれなかったの??

 

痺れを切らした直属の上司は打ち合わせにまで乗り込んで資料を叩きつけ、激怒。いつも調子のいい発言ばかりしている上司しか知らないし、マックス怒っているところをギリギリ抑えている感じも超怖かったです。

 

今の仕事の何がムカつくって、資料の用意が遅いだけじゃなく、これはこうじゃないとまずいんじゃないですか?と、みんながつまずかないようにどんなに小さい石でも拾ってあげるような確認作業が多すぎることです。

これをこうするならこれが必要だよねって次へ次へと考えて指示を出すってことをほんっとにしないので、結局常務が全部気付いて。

 

そんな、怒りの記事でした。

お買い物運が抜群

hirotaka風イヤーカフ

2万くらい出して買おっかなーと思っていた矢先にメルカリでhirotaka風ハンドメイドイヤーカフが売られており、即購入。もどきでもいいじゃない!と同じことを考えている人が多いのか、非常に人気の作家?さんで今回のイヤーカフも即完売してしまうのです。

まさか私に回ってくるとは…!

 

ブルーライトメガネ

コンタクト装着時のPC作業が辛すぎるので購入。ただ色が変わって見えるので、デザイン向きなのか。慣れるまで時間かかりそう。でもPCの、うわまぶしっ!!感はだいぶなくなります。

 

仕事用時計

打ち合わせとか外に連れ出されることが多いので買いました。

濃緑なベルトのSKAGEN。性別に囚われない雰囲気が好き。

 

ここでカードの制限で支払い不能になる。(絶望)

ポイントとか本当に気にしないタイプなので、じゃー現金で払いまーすと現金で済ます。

 

あと仕事用でもう一着ジャケット欲しいんだけど、カードの都合上、9月ですな。カッコいいジャケット欲しいなー。

それからジョンマスターズオーガニックの香水が欲しい。私の好きな香りは大体暖かい季節には不向きな香りなので、これからが楽しみ。