oyasumi

誰も知らないところ。

ヴィンテージの落とし穴

激務で女子度を切らしていましたが、美容院で回復できました。

今指名してる店員さんほんとに天才。
私のイメージをよくわかってくれているんだと思います。
きっと似合うと思いますよーなんて適当なことは言わない。こっちの方が絶対いい、とはっきり言ってくれる。


カラーにピンクとルビィを混ぜてもらいました。ギリギリ茶色だからいいっしょって思ったら赤でした。とってもサブカルメンヘラ臭がしてお気に入りだからまあいいや。(適当)

それから、大事な前髪、オン眉にしましょう!とやってくれて、こちらも完璧。
もう惚れますわ、そのプロ魂と技術。 

人から褒められても自分で納得してなきゃ意味ないからね。

 

るんるんでお買い物してると、大好きなロイスクレヨンのコレクションブック貰えました。ジャケット可愛かったけど 4万…なやむ。
古着屋は悲しいけど閉店ってことで全品セールでした。

 

満足して、さて帰ろうと思ったら、定期、ない。

 

ポケットに手を突っ込むと、穴があいていました。
このヴィンテージのコート、状態があまりにいいのでずーーっっとおかしいと思ってた。
ポケットかよ、やってくれたな…。

営業時間外なので美容院に電話することもできず、歩いたルートを巡って、諦めて駅へ行っても空振り。
定期は失くしてもいいけど定期入れは高校入学した時にもらったものだから絶対失くせない。
最後は警察へ。

何時になくした?名前は?定期区間は?身分証は?定期はケースに入れてる?
めっちゃ聞かれました。
まあほぼ一致ってことでいいでしょうって出てきた私の定期。
ほぼ一致っていうかどう考えても私のだよ!

 

バタバタしたけど、一件落着。

古着のポケットは確認しましょうね。