oyasumi

誰も知らないところ。

頑張る方向性の見直し

この2ヶ月多くの人に迷惑をかけて心配かけて親切にしてもらいました。2年ぶりに、休んだ実感の得られた日々でした。

 

会社を否定してきてくれたみんなには感謝しかないです。

誰か、1人でも「頑張ってやってみたら?」って人がいたら、退職を決められなかったかもしれない。

 

頑張るのは当たり前なんだけど、悲しそうな顔してる人を押し退けて、これが私の道よ!と突っ走るのは間違ってる。私は独走して勝利を収められるタイプじゃないし、1人で生きてるんじゃない。

辞めたほうがいいと2年間言い続けてきたくれたの人たちの言葉を手繰り寄せて、それが退職の最後の決め手になりました。

 

痩せ我慢してる時の私はものすごく尖っている。自分で分かるほど、かなり怖い。

でも別にそんなことしなくても、スローでいい加減な自分でも、きちんと理解されていたみたい。

 

仕事に対する未練はありません。

恐縮ですが、先輩よりもスムーズに昇級してきました。

昇級は会社全体からの評価。きちんとやってる、文句言われる筋合いはないと言い切るにはどうしても昇級する必要があった。意地とプライドの成果。

 

結局、仕事だって生活の一部だし、長く楽しくやってくことの方が大事なんだ。

毎日ステージの上で盛大なパフォーマンスなんてことしてたら身が持たない。今日もちょっとばかし面白いこと言って帰りますかね、くらいのスマートさでちょうどいいのかもしれないです。

広告を非表示にする