読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oyasumi

誰も知らないところ。

愛と青春の旅だち

エルファニング。

ミステリアスかわゆい。

ネオンデーモンのエルとか美しすぎてため息が出てしまいます。お人形みたいっていうのはこのこと。

誕生日が同じなので勝手に親近感わかせてます。

 

f:id:shulo161:20170226100738j:imagef:id:shulo161:20170226100734j:image

f:id:shulo161:20170226100735j:image

 

 

 彼女の出演作ではありませんが、「愛と青春の旅だち」見ました。

1982年の映画。

題名からして胡散臭すぎると思っていた気持ちが裏切られました。

恋愛ものでこんなにいい映画だと思ったのは初めてです。

理想の結婚を夢だと語る女、その女に本気で愛を感じた男。

愛も仲間もいらなかった男、その男を愛し続けた女。

 

自分に必要なものを見分け、手に入れる力は才能だと思います。

うっかり逃したことや手放したことに未来があったんじゃなかろうかと思うことって多い。

特に対人間だと、なおさら諦めることが多い。

 

主人公の親友は、夢も愛も失ったと錯覚して自殺してしまうけど、あのシーンが人ごとに思えません。あまりにも自然で、誰だって、何をきっかけにいつ自殺するかなんてわからない。

 

でも、これは!と思ったら勇気を出して決めなくちゃいけない。どんな結果になってもその真実や裏側をこの目で確かめるまでは死ねない。

 

この作品に感動したのは、厳しい育成訓練や、仲間との助け合い、異性関係、いろんな要素がある中で、すべてを通して命を感じるものだったからなのではないかと感じます。

って言うと一気に作品が安っぽくなりそうなのでとにかく一度見てもらいたい。

 

 

こういう映画は金曜ロードショーとかでもっと放送した方がいいと思うのに、もったいない。きっと、女のひとのハダカとか、不適切な表現とか言われてダメなんでしょな。

不適切ってなに??別にね、下品な遊びじゃないですからね、その倫理観こそが下品だわ。

まあお茶の間で家族が凍りついたらご飯冷めちゃうからだめかー。

すべての仕事は

同期の残業代がつかなかった。

私はついているのでほぼ確信犯でしょう。

 

まああまり同期の人間としての信頼がないのと、病欠の多さ故なのでしょうけどこれはあまりに大胆なやり方で驚いた。

そこまでするなら辞めてくれって言えばいいのにまた回りくどいことを。

 

実は去年の年度末も給料の件で揉めており、内訳を説明させました。

会社の言い分は、みっともない大人みたいだった。

この融通の利かなさが職人業の現実。常に田舎くさい発言ばかり。

 

ただ、そういうスタンスでずっとやっているだけでちょろまかしとかではありません。これがうちのやり方だと言われたら、あとはもう、辞めるか辞めないかの選択しかない。

 

同期は、それでも自分が働き続けていることに対して、「これからも働いてあげるから会社は改心しなさい」と思っているように見えるけどこれが大きな間違い。

今回の件を受けて、前も揉めたのに何も分かってない!と言っている同期こそが間違っている。

こんなクソな会社でも自分で選んで働き続けていることに対する責任をまったく分かってないからです。悪く言えばクソな会社にすがりついてる責任。

あんな結末を迎えてそれでも働く方がバカに決まってるじゃないですか。

 

正しいことしてるから正しい恩恵が受けられるなんてそんな甘っちょろいもんじゃないです。それに正しいなんて自分が決めるものじゃないし。

 

「すべての仕事は売春である」って言葉があるんだけど、その意味がやっとわかり始めた気がする。

気になる居酒屋

仕事が忙しくておじゃんになったディズニーの代わりに北千住へ。

f:id:shulo161:20170226221907j:image

カラオケ行ってカフェ行って、遊び方は大学生となんら変わらないけれど、学生の時には感じなかった楽しみがある。

居酒屋も気になるし、デパコスのチェックもする。

 

2人でデザイン違いの腕時計も買いました。

 

f:id:shulo161:20170227200404j:image

そしてずっと気になってた居酒屋。

ジブリみたい!

 

 

北千住、まだまだ開拓のしがいがありそうです。

スリルに引き込まれ

椎名林檎のライブすごいなあ。

ファンじゃないですけど、ライブの動画見て、なんだこれは!!と思った。

行ったら倒れる。衝撃で倒れる。

動きも容姿もすべて美しいところも衝撃的でした。

 

ドラムとピアノがかっこいいんです。小学校の時足の速い人がかっこよく見えたのと同様、楽器できる人ってすごくかっこよく見える、なぜ。

 

お気に入りは、名うての泥棒猫。

「勝手に舞い込んで来たものを
    不意に返せだなんて」

「なんてったって女と男の縁は                                 切ったって切れないたぐいか」

 

椎名林檎の歌詞はスリルがある。

ストレートにかわいい歌って嫌いじゃないけど、いつもかわいいだけじゃつまんない。だからスリルだって必要なのであります。

ヴィンテージの落とし穴

激務で女子度を切らしていましたが、美容院で回復できました。

今指名してる店員さんほんとに天才。
私のイメージをよくわかってくれているんだと思います。
きっと似合うと思いますよーなんて適当なことは言わない。こっちの方が絶対いい、とはっきり言ってくれる。


カラーにピンクとルビィを混ぜてもらいました。ギリギリ茶色だからいいっしょって思ったら赤でした。とってもサブカルメンヘラ臭がしてお気に入りだからまあいいや。(適当)

それから、大事な前髪、オン眉にしましょう!とやってくれて、こちらも完璧。
もう惚れますわ、そのプロ魂と技術。 

人から褒められても自分で納得してなきゃ意味ないからね。

 

るんるんでお買い物してると、大好きなロイスクレヨンのコレクションブック貰えました。ジャケット可愛かったけど 4万…なやむ。
古着屋は悲しいけど閉店ってことで全品セールでした。

 

満足して、さて帰ろうと思ったら、定期、ない。

 

ポケットに手を突っ込むと、穴があいていました。
このヴィンテージのコート、状態があまりにいいのでずーーっっとおかしいと思ってた。
ポケットかよ、やってくれたな…。

営業時間外なので美容院に電話することもできず、歩いたルートを巡って、諦めて駅へ行っても空振り。
定期は失くしてもいいけど定期入れは高校入学した時にもらったものだから絶対失くせない。
最後は警察へ。

何時になくした?名前は?定期区間は?身分証は?定期はケースに入れてる?
めっちゃ聞かれました。
まあほぼ一致ってことでいいでしょうって出てきた私の定期。
ほぼ一致っていうかどう考えても私のだよ!

 

バタバタしたけど、一件落着。

古着のポケットは確認しましょうね。

捨てたものが拾われる時

すっかり忘れていましたが、友達の誘いで来月、東京のとあるお店に絵を描かせてもらうことになりました。

前のめりにやらせてください!という自信もなく、まずはお友達のアシスタントで。

 

きっかけは、その時ボツにした孔雀の絵を友達が店主に見せたら気に入ってくださって…なんともベタな流れです。 

 

私ってほんとにラッキー人間。

全然才能も実力もないのに、いつだってチャンスやラッキーをくれるのは人です。

ありがとう、そしてこの自由の陰で犠牲になっている人、ごめんなさい。

でも、ちゃんとやりますから。

雨に降られる

なんだか今日は入院の日にち決めだったらしくなにも知らない私はいつも通りのろのろ病院へ。

お一人ですか?と驚かれて手術説明諸々されるも眠いし突然だし「はあ…」というかんじ。

この歳になって家族の同伴がそんなに必要な機会に合うとは思っていませんでした。めんどくさ!

そして突然の術前検査。緊張して心電図もうまくとれませんでした。

 

コートと荷物と手術書類と検査書類を持ち歩き、はい着替えて!はい検査!を繰り返してると気持ちが萎える。
しかも急かされるし。患者の心情察する余裕も少しは持ち合わせていておくれよ。

 

職場復帰は6月前くらいになりそうです。

年度頭から騒々しいけど、どうか、何か良いこと残しておいてください神様ー。