oyasumi

誰も知らないところ。

ひとりで仕事をすること

今朝仕事の確認メールを送ったら、何も言うことがないからそのまま進めてとお褒めの言葉。俺の言いたいことが全部メールに盛り込まれていると泣いて感動していました。(嘘だけど)

 

仕事が行き詰まり、知らない部署にアポなしでたずねて、助けてくださいと言ったら1時間くらいですべてが終わる。

私は個人プレイの仕事なので、最初こそこんなところに来るなんて何事!?とギョッとされたけど、事情を説明すると部長があちこちに電話して、たくさん資料を用意してくれた。

 

なぜか総務のおばさまからランチに誘われる。

なぜかあまり喋らない女性社員からLINEを聞かれ、お盆休み遊ぼうと誘われる。

上司の根回しの影響かと思ったけど、関係ないみたい。

 

他社との交流もできた。

「また何かあったらお願いしてもいいですか」っていうやりとりがいかにも社会人っぽくて、おぉ〜となった。

 

ちょっとこれ頼んでもいいかなとか、イメージの絵が欲しいとか、部署に自分しかいないっていうのは、大きな組織の中に個人事務所があるみたいな感じで、仕事で大きな成果を出すより、ちょっとしたことを頼まれる人間であることの方が私にとっては重要なんじゃないかなと思った。

 

先月は、自分の立ち位置が不明確なことに悩んだけど、周りよりも仕事に多少の余裕があって融通がきく分、自分で仕事を取りに行ってはじめてこの部署が確立するんじゃないだろうか。

 

ひとりの部署でよかったことは、比較する相手が誰もいないところかもしれない。平均も最低も最高もわかりません。だから手を抜かないし、自分の結果がきれいに自分に返ってくる。

これは本当に大きな成長になると思う。上司が私の性格を見抜いて「ちょっと許すとすぐ甘えたちゃんになるからダメ。手は抜かせない」と言っているので、配分は上司を信じて任せている。