oyasumi

誰も知らないところ。

数奇な運命

私の直属の上司、常務だったらしい。

今週はデスクワークばかりじゃ疲れるだろうと、息抜きと勉強を兼ねて展示会へ連れて行ってもらいました。

直帰だったので飲みに行きまして。

 

常務は饒舌で、いい意味で巻き込み型タイプの人。それを嫌と思う人と、惹きつけられてついて行く人、はっきり分かれているそうですが。

飄々としていながらかなり空気の読める人。

偉いからといってピリッとした空気にすることもなく、女性から邪険に扱われるように進んでいくところとかすごい。

だけどキモいおっさんと思われるのは嫌らしく、セクハラや距離感に非常に敏感。

 

男性陣はそのカリスマ性から頭が上がらないといった風に接していますが、私は直属の部下としてふつうに素で接しています。

常務の発言に突っ込み入れたり、常務の提案とは別に自分の考え方を話してみたり、それはなぜですか?と質問してみたり、そういうのが周りから見ると、ヒヤヒヤするらしく、逆に常務はそれを面白いと思っているようです。

 

やっと、やっと尊敬する上司に出会えました。

冷め切った心に火が灯りました。